書き順
なりたち
 会意 もとの字は卽(そく)。皀(きゅう)と卩(せつ)とを組み合わせた形。皀は𣪘(き・食器)のもとの字。卩は跪(ひざまづ)く人を横から見た形。即は食膳(しょくぜん)の前に人が跪く形で、食事の席に即(つ)くの意味となる。席だけでなく、位につくことを即位といい、すべて「つく」の意味に用いる。席につくことを即席といい、その場の意味となり、その場にのぞんですぐすること、「すぐさま、ただちに」の意味になるので、即は、ただちにの意味となる。則と通じて「すなわち」の意味に用いる。皀(食器)をはさんで人が向かい合って座っている形は郷、食事をして満腹になり、皀(食器)を前にして後ろを向いておくび(げっぷ)をする人の形は既である。
そのほか
画 数 7画
部 首 ふしづくり
音読み そく・呉音
しょく(外)・漢音
訓読み つ-く(外)
すなわち(外)
用例 即位(そくい・しょくい)
即座(そくざ)
即応(そくおう)

なかまのかんじ

人体に由来する漢字
卩のある漢字
即のある漢字  節4