書き順
なりたち
 形声 もとの字は僧に作り、音符は曾(そう)。曾は甑(そう・こしき)の形で、甑のもとの字。梵語(古代いんどの言語であるさんすくりっと語)の僧伽(そうぎゃ)を省略した音訳語で仏教を修める人をいう。「そう・そうりょ」の意味に用いる。仏の音をとって、浮屠道人(ふとどうじん)ともいう。
そのほか
画 数 13画
部 首 にんべん
音読み そう・呉音
そう・漢音
訓読み -
用例 僧衣(そうい)
僧侶(そうりょ)
小僧(こぞう)

なかまのかんじ

数の漢字
イのある漢字
田のある漢字
日のある漢字
曽のある漢字  増5 層6