書き順
なりたち
 会意 茻(ぼう)と死とを組み合わせた形。茻は草むら。死は死者の胸から上の残骨を拝み弔う形。古くは死体を一時的に草むらに棄(す)て、風化して残骨になったとき、その骨を拾って、「ほうむる」ことを葬という。このような埋葬形式を複葬という。本葬以前に遺体を板屋(ばんおく・板で囲って建てた家)におさめて、その風化するのを待つ礼を殯(ひん・かりもがり)という。
そのほか
画 数 12画
部 首 くさかんむり
音読み そう・呉音
そう・漢音
訓読み ほうむ-る
用例 葬儀(そうぎ)
火葬(かそう)
密葬(みっそう)

なかまのかんじ

艹のある漢字
夕のある漢字
歹のある漢字 
死3 列3 残4 例4
匕のある漢字
死のある漢字  死3
廾のある漢字