書き順
なりたち
 形声 もとの字は插に作り、音符は臿(そう)。臿はすきを土中にさし込む形。手にすきを持ち土の中に草木を植え込むことを插といい、「さす・さしこむ・さしはさむ」の意味に用いる。「説文」に、「刺して内(い)るるなり」とあり、深く植え込むの意味とする。
そのほか
画 数 10画
部 首 てへん
音読み ぜん(外)・呉音
そう・漢音
訓読み さ-す
さしはさむ(外)
用例 挿話(そうわ)
挿花(そうか)
挿画(そうが)

なかまのかんじ

扌のある漢字
日のある漢字
申のある漢字  申3 神3