書き順
なりたち
 形声 もとの字は壯に作り、音符は爿(しょう)。爿は脚のついた几(き・机)の形。その上に肉を供えて戦勝祈願の祭りをした後に、その祭肉を携えて軍を率いている人を將、将軍という。士は戦士階級の身分を示す小さな鉞(まさかり)の頭部の形で戦士をいう。爿は殷(いん)王の王子出身者の家である親王家(しんのうけ)の家柄を示す図象として用いられる形のうちにみえる。将・壮はその親王家の身分を示すものと思われる。壮は親王家出身の戦士で、戦士集団の中核となっていた者であろう。戦士の意味から、強壮・壮健(心身が強く盛んなこと)・壮大(大きく立派なこと)のように、「さかん・つよい・おおきい」の意味となる。
そのほか
画 数 6画
部 首 さむらい
音読み しょう・呉音
そう・漢音
訓読み さかん
つよ-い
用例 壮観(そうかん)
壮年(そうねん)
勇壮(ゆうそう)

なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
武器に由来する漢字
丬(しょう)のある漢字 
状5 将6 装6
士のある漢字