書き順
なりたち
 形声 音符は楚(そ)。楚はいばらやしば、また草木の茂みの根の張ったところをいう。それで礎石(建物の柱の土台となる石。いしづえ)という。礎石の意味から、全てのものの基礎(もとい。土台)の意味となる。建物の礎石を定めること、工事を始めることを定礎、事業の基本を定めることを礎業、文章の基礎になるものを礎案という。
そのほか
画 数 18画
部 首 いしへん
音読み す(外)・呉音
そ・漢音
訓読み いしずえ
用例 礎材(そざい)
礎盤(そばん)
心礎(しんそ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
柱の下に置く土台 礎石・基礎・定礎・柱礎
物事の根本 国礎
なかまのかんじ

口のある漢字
石のある漢字
木のある漢字
疋のある漢字