書き順
なりたち
 形声 音符は朔(さく)。朔に塑(そ・でく)の音がある。「説文」に㴑(そ・㴑の省略形は泝(そ))を正字とし、また遡の字も出しており、「㴑は流れに逆らいて上るを㴑洄(そくかい)と曰(い)う」とある。「さかのぼる」の意味に用いる。遡は遡及(過去にさかのぼり及ぶこと)のように、水流をさかのぼる場合だけてなく、時間的にさかのぼる場合にも用いるが、泝は下流から上流に向かって進むという意味だけ使用する。
そのほか
画 数 14画
部 首 しんにょう
音読み す(外)・呉音
そ・漢音
訓読み さかのぼ-る
用例 遡上(そじょう)
遡行(そこう)
遡及(そきゅう)

なかまのかんじ

屮のある漢字  逆5 純6
月のある漢字
辶のある漢字