書き順
なりたち
 形声 音符は意(い)。意に億(おく・おもう)・臆(おく・おしはかる)の音がある。意は音と心を組み合わせた字で、音は祈って神意を問うのに答えて、神が夜中にかすかな音を立てて神のお告げを知らせることをいう。音(おと)によって示された神意を心の内に思いはかることを意・憶という。また経験したことを記憶し、その記憶したことを思い出すことも憶といい、「おもう・おぼえる」の意味に用いる。
そのほか
画 数 16画
部 首 りっしんべん
音読み おく・呉音
よく(外)・漢音
訓読み おも-う(外)
用例 憶想(おくそう)
憶説(おくせつ)
憶持(おくじ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
おぼえる忘れない 記憶
おもうおもいだす 回憶・追憶・憶念
おしはかる 憶断・憶説・憶測
なかまのかんじ

忄のある漢字
亠のある漢字
立のある漢字
日のある漢字
音のある漢字
音1 暗3 意3 億4
心のある漢字