書き順
なりたち
 形声 音符は昔(せき)。昔に錯(そ・みがく)の音がある。「説文」に「置くなり」とは、赦(ゆる)すこと。措置とは手足を伸ばして安らかにしていること、そのような状態になるようにことを処理することをいう。ことばの使い方を措辞といい、よく大事を措置することを措大(才学にすぐれた書生)という。また挙げることと置くこと、立ち居(い)振る舞いを挙措という。
そのほか
画 数 11画
部 首 てへん
音読み す(外)・呉音
そ・漢音
訓読み お-く(外)
用例 措置(そち)
措辞(そじ)
挙措(きょそ)

なかまのかんじ

扌のある漢字
日のある漢字
昔のある漢字  昔3 借4