書き順
なりたち
 形声 もとの字は潛に作り、音符は朁(さん)。朁に僭(せん・おかす)の音がある。朁は兓(しん・呪具(じゅぐ)としての二本の簪・かんざし)を曰(えつ・神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の中に祝詞のある形)の上において、ひそかに人をのろい、そしることをいう。それで、ひそかに行為するの意味がある。水中をひそかに行くことを潜といい、「もぐる・くぐる」の意味になる。またひろく、「ひそむ・かくれる・ひそかに・ふかい」の意味に用いる。
そのほか
画 数 15画
部 首 さんずい
音読み ぜん・呉音
せん・漢音
訓読み もぐ-る
ひそ-む
ひそ-かに(外)
用例 潜入(せんにゅう)
潜水(せんすい)
沈潜(ちんせん)

なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
氵のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
夫のある漢字
日のある漢字
替のある漢字