書き順
なりたち
 形声 音符は戔(せん)。戔は細長い戈(ほこ)を重ねた形で、薄いものを積む重ねた状態をいう。「説文」に「表に識(しる)す書なり」とあるのは、題を記した「はりふだ」の意味である。古くは竹の札に字を書いた竹簡であろう。牋(せん・かきつけ)の片は木片をあらわし、木簡である。大切なことをかきとめたものなので、牋は奏上(天子に申し上げること)の文体の意味になった。
そのほか
画 数 14画
部 首 たけかんむり
音読み せん・呉音
せん・漢音
訓読み ふだ(外)
はりふだ(外)
用例 華箋(かせん)
願箋(がんせん)
吟箋(ぎんせん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
はりふだ 付箋・紙箋
手紙や文章の紙 便箋・用箋・ 詩箋・短箋
注釈 箋注
①ふだ。 (ア)注釈などを書いて書物にはりつける紙。」 (イ)。「 ②ときあかし。。「」 1 メモ・手紙などを書く紙片。「
なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
竹のある漢字
戈のある漢字