書き順
なりたち
 形声 音符は全(ぜん)。全に、栓(せん・つめ)・銓(せん・はかり)の音がある。「説文」に「具(そな)わるなり」とあり、言説が備わり事の筋道の明らかなことをいい、「あきらか」の意味に用いる。
そのほか
画 数 13画
部 首 ごんべん
音読み せん・呉音
せん・漢音
訓読み あき-らか(外)
そな-わる(外)
用例 言詮(げんせん)
能詮(のうせん)
詮無い(せんない)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
あきらかにする 詮議・詮索
なすすべ。方法 詮方
つまるところ 所詮
なかまのかんじ

口のある漢字
言のある漢字
𠆢のある漢字
玉 王のある漢字
全のある漢字  全3