書き順
なりたち
 形声 音符は泉(せん)。液を分泌(ぶんぴつ)する意味を、泉にもたせたものであろう。りんぱ腺・甲状腺(こうじょうせん)・唾液腺・涙腺などのように、動物の体で特有の物質を分泌する器官をあらわす。江戸時代後期の蘭学者が使いはじめた国字(日本で作られた字)だが、中国でも使用される。
そのほか
画 数 13画
部 首 にくづき
音読み せん・慣用音
訓読み -
用例 腺腫(せんしゅ)
胸腺(きょうせん)
涙腺(るいせん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
体液分泌作用器官 乳腺・毒腺・腺熱・蜜腺  
なかまのかんじ

人体の漢字
国字の漢字  畑3 働4
月のある漢字
白のある漢字
水のある漢字
泉のある漢字  線2 泉6