書き順
なりたち
 形声 音符は耤(せき)。耤の古い字形は耒(ほこ)に足をかけて踏み耕す形で、たがやす、耕して土を細かく砕くの意味となる。昔は耤(せき)で、うすく切った乾肉(ほしにく)の重なった形であり、そのように耕して土を細かくすることを耤という。藉(しゃ)はしきもの、かりるの意味。竹を薄い札(ふだ)状にして、その上に文字を書いたものを簡、竹簡という。籍は薄く削った竹で、これを竹簡として利用した。薄く削った木に、文字を書いたものは木簡で、紙が使用されるまで竹簡・木簡を綴(と)じたものが書物であったので籍、は「ふみ・かきつけ・書物・しるす」の意味となる。また藉と通じて「かりる」の意味に用いる。
そのほか
画 数 20画
部 首 たけかんむり
音読み じゃく(外)・呉音
せき・漢音
訓読み ふみ(外)
かきつけ(外)
しる-す(外)
用例 書籍(しょせき)
戸籍(こせき)
学籍(がくせき)

なかまのかんじ

竹のある漢字
耒のある漢字  耕5
日のある漢字
昔のある漢字  昔3 借4