書き順
なりたち
 会意 もとの字は毆に作り、區(区)と殳(しゅ)とを組み合わせた形。區は匸(けい・秘密の場所)に多くの さい(神への祈りの文である祝詞を入れる器)をおいて祈る場所の意味である。祈るときさいを殳(つえぼこ。杖(つえ)のように長いほこ)で殴(う)ち、神霊をおどして祈りが実現するように求めることを殴といい、「うつ・たたく・なぐる」の意味となる。その祈るときの歌うような声を欧(歌)、謳(おう・うたう)という。
そのほか
画 数 8画
部 首 るまた・ほこづくり
音読み う(外)・呉音
おう・漢音
訓読み なぐ-る
用例 殴打(おうだ)
殴撃(おうげき)
殴除(おうじょ)


なかまのかんじ

武器に由来する漢字
匚匸のある漢字
区のある漢字  区3
几のある漢字
又のある漢字
殳のある漢字