書き順
なりたち
 形声 音符は妻(さい)。妻に悽(せい・いたむ)・棲(せい・すむ)の音がある。「玉偏」に「寒きなり」とあり、「さむい」の意味とする。もとは氷の冷たいことをいう字で、「つめたい」という意味に用いる。淒(せい・すざましい、さびしい)と通じて「すざましい」の意味にも用いる。国語では「すごい」とよみ、凄い腕前(うでまえ)などのようにいう。
そのほか
画 数 10画
部 首 にすい
音読み さい(外)・呉音
せい・漢音
訓読み さむ-い(外)
すご-い(外)
すさ-まじい(外)
用例 凄凄(せいせい)
凄然(せいぜん)
凄絶(せいぜつ)

なかまのかんじ

冫のある漢字
女のある漢字
妻のある漢字  妻5