書き順
なりたち
 形声 音符は生(せい)。生は草の生える形で、人が生まれるの意味がある。人が生まれて血縁によってつながる人びと、すなわち「親族・やから」を姓という。古くは母系による血縁集団であったので、女を加えて姓というのであろう。同族関係が拡大されると、家族的な氏から同族結合の大きな集団となり、姓号を持つ。周王一族は姫(き)姓であった。氏は祭肉切り分けるのに使うないふの形で、氏族の共餐儀礼(きょうさんぎれい・祖先の祭りの後に行われる食事の集まり)に参加する者をいい、姓は祖先を同じくする血縁集団である。日本古代の氏姓制度とは異なる。
そのほか
画 数 8画
部 首 おんなへん
音読み しょう・呉音
せい・漢音
訓読み かばね(外)
やから(外)
用例 姓名(せいめい)
氏姓(しせい)
百姓(ひゃくしょう)

なかまのかんじ

女のある漢字
三のある漢字
生のある漢字  生1 星2 産4 性5