書き順
なりたち
 象形 井桁(いげた・木で井の字型に組んだ井戸のふち)の形。刑罰の刑も古くは井とかかれ、その井は首枷(くびかせ)の形である。井桁は首枷と区別するために、水汲(く)み甕(かめ)のしるしの丶を加えて丼(せい)とした。木をくんだ井は首や足にはめる刑具の枷(かせ)の形、人や獣を捕らえるための陥穽(かんせい)の形。また、器物を作るための鋳型(いがた)の外枠(そとわく)の形などである。もとはみな同じ井の形であった。のち、それぞれ区別する方法がとられ、枷の形は刑に、陥穽の形は穽(阱(せい)・おとしあな)。鋳型の外枠の形は型・形となった。刑・型・形の場合、井が开の形となった。井は井桁の形から、「いど・いげた」の意味となり、「むら・まち」の意味にも用いる。わが国では丼は、「どんぶり」の意味に使う。
そのほか
学 年 4年
画 数 4画
部 首
音読み しょう(中)・呉音
せい(高)・漢音
訓読み
いど(外)
いげた(外)
用例 井泉(せいせん)
市井(しせい)
天井(てんじょう)

漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
いど 油井 ・井底・井蛙・井水 
ちまた 市井
きちんと区切った 井然
井の字の形 井目・井田法・井井
なかまのかんじ

都道府県の漢字
道具に由来する漢字
廾のある漢字
井のある漢字  囲4 耕5 井4
二(に)部の漢字  五1 𠄞1 井4