書き順
なりたち
 形声 音符は頼(らい)。「説文」に、「水、沙上(さじょう)を流るるなり」とあり、「浅瀬(あさせ)、せ」をいう。頼はその流れる音を写したものであるらしく、竹管三孔の笛を籟(らい・ふえ)という。瀬と籟は、いずれもその音(おと)によって頼の音の字になったものであろう。狭い海峡や川の瀬の幅が狭くなったところを瀬戸(せと)といい、安危・生命など、運命が決まる重大な分かれ目を瀬戸際(せとぎわ)という。
そのほか
画 数 19画
部 首 さんずい
音読み らい(外)・呉音
らい(外)・漢音
訓読み
用例 急瀬(きゅうらい)
瀬下(らいか)
渓瀬(けいらい)

なかまのかんじ

自然の漢字
氵のある漢字
口のある漢字
木のある漢字
束のある漢字  整3 速3 束4
八のある漢字
目のある漢字
頁のある漢字