書き順
なりたち
 形声 音符は甲(こう)。甲に柙(こう・おり、おりにいれる)の意味がある。もと、甲(こう)の音でよんだが、のちオウの音で読む。鴨(あひる)もオウの音である。ものごとを強制的に行うこと、また、力を加えてすることなどをいい、「おす、おさえる」の意味に用いる。
そのほか
画 数 8画
部 首 てへん
音読み きょう(外)、よう(外)・呉音
おう、こう(外)・漢音
訓読み お-す
お-さえる
お-し(外)
用例 押印(おういん)
押韻(おういん)
花押(かおう)


なかまのかんじ

扌のある漢字
田のある漢字
甲のある漢字