書き順
なりたち
 会意 口と欠(けん)とを組み合わせた形。欠は前に向かって口を開いて立つ人を横から見た形で、息をはき、ことばを言い、歌を歌い、叫ぶときのかたちである。この字の場合は、古い字形は口を開いて跪(ひざまず)く人の形にかかれている。口はさいで、神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)。吹は さいに息を吹きかける形で、祈りの効果を無くするまじないの意味があったかもしれない。「息をふきかける・ふく」の意味に用い、吹管・吹笛(すいてき・笛を吹くこと)のように楽器を吹くの意味にも使う。
 
そのほか
画 数 7画
部 首 くちへん
音読み すい・呉音
すい・漢音
訓読み ふ-く
用例 吹奏(すいそう)
吹笛(すいてき)
鼓吹(こすい)


なかまのかんじ

人体に由来する漢字
口のある漢字
人のある漢字
欠のある漢字