書き順
なりたち
 形声 もとの字は愼に作り、音符は眞(しん)。眞は匕(か・死者の形)と県(首を逆さまに懸けている形)とを組み合わせた形で、不慮の事故に遭った行き倒れの人をいう。行(ゆ)き倒(だお)れの人の怨霊(おんりょう)は瞋(いかり)のために強い力を持つ霊として恐れられたので、その人を填(うず)め、祠(ほこら)を作ってその中に寘(おき)、霊の力を持つ玉をそえて瑱(しず)め、鎭(しず)めの祭りをした。そのような行き倒れの人を丁重(ていちょう)に扱うときの心情を慎といい、「つつしむ」の意味となる。
そのほか
画 数 13画
部 首 りっしんべん
音読み じん・呉音
しん・漢音
訓読み つつし-む(外)
用例 慎言(しんげん)
慎重(しんちょう)
恭慎(きょうしん)


なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
忄のある漢字
目のある漢字
八のある漢字
真のある漢字  真3