書き順
なりたち
 形声 もとの字は觸。音符は蜀(しょく)。蜀は牡(おす)の獣の形で、虫(き)の部分は牡の性器の形である。牡の獣が角で相争うことを触といい、交尾期には雌をめぐって争う姿がみられる。角のある獸が争うとき、角をふれ合って闘うので「ふれる」の意味となり、のちすべて「ふれる・さわる」の意味に用いる。
そのほか
画 数 13画
部 首 つのへん
音読み そく(外)・呉音
しょく・漢音
訓読み さわ-る
ふ-れる
用例 触手(しょくしゅ)
感触(かんしょく)
触診(しょくしん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
物にふれる 触点・触発・接触・抵触
物にふれて感じる 触角・感触
なかまのかんじ

冂のある漢字
角のある漢字   角2 解2
口のある漢字
虫のある漢字