書き順
なりたち
 会意 十と又(ゆう)とを組み合わせた形。十は木の枝の形で、又は手の形。手に木の枝を持ち、それを支えとするもので、杖(じょう・つえ)のもとの字である。また長さの単位で、十尺(約三メートル)をいう。しかし字形内の十は数字の十ではなく木の枝である。字の要素は十と又とを組み合わせた形。支と同じであるがその組み合わせ方が異なる。杖で長さを測るので、「春秋左氏伝」に「巡(めぐ)りて城を丈(はか)る」のように用いることがある。成人を丈人といい、三十歳とする説がある。
そのほか
画 数 3画
部 首 いち
音読み じょう・呉音
ちょう(外)・漢音
訓読み たけ
用例 丈夫(じょうぶ)
万丈(ばんじょう)
気丈(きじょう)


旧字体
𠀋 𠀋
なかまのかんじ