書き順
なりたち
 形声 音符は重(じゅう)。重に踵(しょう・おう)・動(どう・うごく)の音がある。「説文」に「通道なり」とある。字は童に従う字である。撞(とう)は撞(つ)くとよみ、衝は行(十字路の形。道)において撞撃(とうげき・突きうつ)することをいう。「詩経」に臨衝という攻城用の戦車の名があり、大きな鉄を轅(ながえ・車の前方につき出た二本の棒)の先端につけて、衝突して城門を突き破るものである。衝は、「うつ・うちあたる」の意味で、強い力で正面から当たるの意味がある。
そのほか
画 数 15画
部 首 ぎょうがまえ
音読み しゅ(外)・呉音
しょう・漢音
訓読み つ-く(外)
あたる(外)
用例 太衝(たいしょう)
衝路(しょうろ)
衝心(しょうしん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
つきあたる 衝撃・衝天・衝突・折衝
つき動かす 衝動
だいじなところ 要衝・折衝
なかまのかんじ

彳のある漢字
行のある漢字  考2 街4 衛5 術5
里のある漢字
重のある漢字  重3 動3 種4 働4