書き順
なりたち
 会意 章(ショウ)と彡(サン)とを組み合わせた形。章は入れ墨をするときに使う針(辛)の針先の部分に、墨だまりのある形で、あきらかの意味がある。色や形の美しいことを示す記号のような文字の彡を加えた彰は、入れ墨の文様の美しいことから「あきらか」の意味となる。文は文身(ブンシン・一時的に描く入れ墨)の形で、その文身の美しいことを彣(ブン・あや)といい、合わせて彣彰(ブンショウ・美しいこと。あやがあること)という。
そのほか
画 数 14画
部 首 さんづくり
音読み しょう・呉音
しょう・漢音
訓読み あきらか(外)
用例 彰明(しょうめい)
表彰(ひょうしょう)
顕彰(けんしょう)


なかまのかんじ

道具に由来する漢字
亠のある漢字
立のある漢字
日のある漢字
十のある漢字
早のある漢字
章のある漢字  章3 障6
彡のある漢字