書き順  
なりたち
 象形 枝のある木の形。上の枝は上に向かい、下にある枝はたれ下がっている。「き」をいう。木は素材としての木をいうことが多く、樹は植樹した木、立ち木をいう。
そのほか
学 年 1年
画 数 4画
部 首
音読み もく・呉音
ぼく・漢音
訓読み
用例 花木(かぼく)
木刀(ぼくとう)
木馬(もくば)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
き。たちき 巨木・古木・高木・大木
建築や器具の用材 木剣・坑木・土木・用木 
うわべを飾らない 木訥 (ぼくとつ) ・木強漢
七曜の一つ。 木曜
なかまのかんじ

都道府県の漢字
天体の漢字
時の漢字
植物の漢字
木のある漢字