書き順  
なりたち
 指事 白の上に一直線を加えた形。白の上に一本の線を加えて数の「ひゃく(もも)」を示す。白はされこうべの形であるから数に関係ない字であるが、おそらく白(はく)の音をとるものであろう。百の字形に限って白の中に鼻の穴の形を表すらしい△形が加えられている。数の百は成数であるから、「全体・すべて」や「多数・もろもろ」の意味に用いることが多い。
そのほか
学 年 1年
画 数 6画
部 首 しろ
音読み ひゃく・呉音
はく(外)・漢音
訓読み もも(外)
もろもろ(外)
用例 百事(ひゃくじ)
百出(ひゃくしゅつ)
百代(はくたい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ひゃく。数の名 百人・数百・百分率
多くの。たくさん 百科・百貨・百官・百戦
なかまのかんじ

数の漢字
白のある漢字
百のある漢字  百1 宿3 縮6