書き順  
なりたち
 指事 左右に物が分かれる形。もと算木(さんぎ・数を数えるときに使う道具)で数を示す方法であり数の「やつ」を示す。半は犠牲(いけにえ)として供える牛を真中で二つに分ける形で、「わかつ、わける、なかば」の意味となる。
そのほか
学 年 1年
画 数 2画
部 首 はち
音読み はち・呉音
はつ(外)・漢音
訓読み や・やつ
やっ-つ、よう
用例 八字(はちじ)
八月(はちがつ)
八頭(はちがしら)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
やっつ。数の名 八景 ・八州・八方・尺八
多くの。たくさん 八百万・八千代
なかまのかんじ

数の漢字
八のある漢字