書き順  
なりたち
 会意 禾(か)と人とを組み合わせた形。禾は禾(いね)の形をした被りもので稲魂(いなだま・稲に宿る神霊)の象徴であろう。田植えの時、豊かな稔(みの)りを願って田の舞をする男の人の形を年といい、「みのり」の意味となり、禾は一年に一度稔るので「とし」の意味になる。甲骨文に「年(みのり)を受(さず・授)けられんか」と占う例が多い。禾を頭に被って低い姿勢でしなやかに舞う姿は委で、豊年を祈って男女二人が舞い祈った。
そのほか
学 年 1年
画 数 6画
部 首 かん/いちじゅう
音読み ねん・呉音
でん(外)・漢音
訓読み とし
みの-る(外)
用例 年月(ねんげつ)
本年(ほんねん)
少年(しょうねん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
とし。時間の単位 学年・光年・新年・先年
よわい。ねんれい 年長・年配・成年・青年
穀物のみのり 豊年・祈年祭
なかまのかんじ

時の漢字