書き順  
なりたち
 象形 流れている水の形。三すじになって流れる水の形で、勢いよく流れる大きな水の流れをあらわしている。小さな流れの形は水である。川(せん)という音は穿(せん・うがつ)と関係があるといわれているが、巡(めぐる、巛(せん)は川)・順(したがう)は川を要素として字形のうちに含むものであるから、音・意味の関係からいうと、巡・順の字と関係があろう。ひらがなの「つ」片仮名の「ツ」は、川(せん)の古い音から出た字である。
そのほか
学 年 1年
画 数 3画
部 首 かわ
音読み せん(中)・呉音
せん(中)・漢音
訓読み かわ
用例 河川(かせん)
川劇(せんげき)
川柳(せんりゅう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
かわ。かわの流れ 名川・大川・川上の嘆
なかまのかんじ

都道府県の漢字
自然の漢字
川のある漢字  川1 州3 訓4 順4