書き順  
なりたち
 会意 木を三本組み合わせた形。木を三本組み合わせて「もり。しげる」の意味となる。林は人の生活する場に近い木立(こだち)であるが、森は木々が深く茂った所、人の入らぬような樹海、原生林であった。森は神の住む所とされ、社も古くは「もり」とよまれた。それで神の気配(けはい)を感じるようなおごそかな様子を森厳という。
そのほか
学 年 1年
画 数 12画
部 首
音読み しん・呉音
しん・漢音
訓読み もり
用例 森然(しんぜん)
森立(しんりつ)
陰森(いんしん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
もり 森林
物の多いさま 森森・森羅万象
あおごそかなさま 森閑・森厳
なかまのかんじ

都道府県の漢字
自然の漢字
木のある漢字