書き順  
なりたち
 仮借 甲骨文字は、数を数える用具の算木(さんぎ)を四本重ねた形で、その字は指事であるが、のち四の字を用いるようになった。数の「よつ」をいう。算木を重ねる線が不正確なことがあるので、音による表示に変えたのであろう。四は、呬(シ)の音の四(し)をとったもので、口を開いて笑う形。その音を借りて用いる。肆(し・ほしいまま)を数の四に用いるのは字の改変を避けるためである。
そのほか
学 年 1年
画 数 5画
部 首 くにがまえ
音読み し・呉音
し・漢音
訓読み よ、よつ
よっつ
よん
用例 四季(しき)
四王(しおう)
重四(じゅうし)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
よっつ 四角・四大・朝三暮四
よも。四方 四囲・四海・四周・四隣
四番目 四月・四更
よたび 再三再四
なかまのかんじ

数の漢字
くにがまえのある漢字