書き順  
なりたち
 指事 掌(てのひら)を伏せ、その下に指示の点をつけて掌の下を示し、「した」の意味を示す。上は掌の上に指示の点をつけて掌の上を示し、「上」の意味を示す。のち指示の点は縦の線になって丄・丅の形となり、さらにその傍らに点を加えて上・下の形となった。すべてのものの「した、したのほう」、下に「さがる・さげる・おろす。おりる」、時間の関係では「のち、すえ」などの意味に用いる。上下の関係は、また優劣の関係も表し「おとる」の意味に使う。
そのほか
学 年 1年
画 数 3画
部 首 いち
音読み げ・呉音
か・漢音
訓読み した、しも、もと(中)
さ-げる、さ-がる
く-だる、くだ-す
く-ださる、お-りる
お-ろす
用例 地下(ちか)
天下(てんか)
上下(じょうげ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
位置関係の低い方 下部・下方・眼下・直下
時間・順序が後 下記・以下・下巻・下刻
階級などが低い 下院・下情・下等
空間的範囲を限定 県下・言下・時下・目下
影響を受ける側 管下・配下・部下・門下
貴人の尊称に 閣下・貴下・殿下・陛下
脇付に用いる 机下・虎皮下
上から下へ移動 低下・投下・下山・下車
中央から地方へ 西下・南下・下向・下野
上位者から下位に 下付・下命・下知・宣下
なかまのかんじ

方向の漢字
卜のある漢字
下のある漢字
下1