書き順  
なりたち
 象形 大きな鉞(まさかり)の頭部の形。柄をつけた全体の形は戉(えつ・鉞)である。鉞の頭部の刃の部分を下にして、実用品の武器としてではなく、王位を示す儀礼用の道具として、王座(王の座る席)の前においた。それは王のシンボル(象徴)であるから、「きみ、君主」の意味となる。小さな鉞の頭部を刃を下にして置いた形が士で、戦士階級の身分を示す。王と士とは鉞の大小の差である。
そのほか
学 年 1年
画 数 4画
部 首 たまへん
音読み おう・呉音
おう・漢音
訓読み おうきみ(外)
用例 王国(おうこく)
大王(だいおう)
女王(じょうおう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
天子。君主 王子・王者・国王・女王 
皇族の親族 女王・親王
第一人者 王座・王者・三冠王
なかまのかんじ

武器に由来する漢字
天体の漢字
三のある漢字
玉 王のある漢字