書き順
なりたち
 形声 もとの字は閱に作り、音符は兌(えつ)。門は軍門。戦いが終わって、その手柄を示す捕獲物の数を実地に検分する(調べる)ことを閲といい、「かぞえる、しらべる、けみする(よく調べる)」の意味に用いる。それで閲兵(えっぺい・整列した軍隊を見回り、調べる)のように軍事について用いることが多い。閲歴(人がそれまで経験してきたこと)というのも、もとは戦争でたてた功績を数える意味であった。
そのほか
画 数 10画
部 首 もんがまえ
音読み えち(外)・呉音
えつ・漢音
訓読み かぞ-える
けみ-する(外)
用例 閲読(えつどく)
閲覧(えつらん)
査閲(さえつ)


なかまのかんじ

門のある漢字
口のある漢字
儿のある漢字
兄のある漢字
兌のある漢字  説4 税5