書き順
なりたち
 形声 もとの字は謁(えつ)。音符は曷(かつ)。曷に暍(えつ・暑さあたり)の音がある。曷は匄(かい・死者の骨)に曰(えつ・神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の中に、祝詞のある形)を加えて、その呪霊(じゅれい・霊の力)によってなにごとかを成しとげるように祈ることで、神に請(こ)い求めることをいい、「こう、とう、つげる」の意味に用いる。それで、身分の高い人に願いごとがあってお会いすること、「まみえる」ことを謁見という。
そのほか
画 数 15画
部 首 ごんべん
音読み おち(外)・呉音
えつ・漢音
訓読み まみ-える(外)
用例 謁見(えっけん)
上謁(じょうえつ)
拝謁(はいえつ)


なかまのかんじ

口のある漢字
言のある漢字
日のある漢字
勹のある漢字
匕のある漢字
匂のある漢字