書き順
なりたち
 形声 音符は甫(ほ)、甫は根を包み込んだ苗木の形で、中にものを包み込むの意味がある。「説文」に「水瀕(すいひん・みずぎわ)なり」とあるが、おそらくまるく入り込んだような形の入り江(うら)であろう。また「はま、水のほとり」の意味に用いる。
そのほか
画 数 10画
部 首 さんずい
音読み ふ(外)・呉音
ほ(外)・漢音
訓読み うら
用例 浦辺(ほへん)
浦月(ほげつ)
浦口(ほこう)


なかまのかんじ

自然の漢字
氵のある漢字
冂のある漢字
用のある漢字
甫のある漢字  補6