書き順
なりたち
 形声 もとの字は隱に作り、音は、㥯(いん)。隱は、神に祈るときに使う呪具(じゅぐ)の工を両手(上の手の爪(そう)と下の手の又(ゆう))で持ち、𨸏(ふ・阝)はもと で、神が天に陟(のぼ)り降りするときに使う神の梯(はしご))。の前でひそかに祈ることであるから「かくす、かくれる」の意味となる。隠はもと神を「かくす」ことであるが、それから人に知られないようにひそかに行うことをいう。
そのほか
画 数 14画
部 首 くちへん
音読み おん(外)・呉音
いん・漢音
訓読み かく-す
かく-れる
かく-し(外)
用例 隠逸(いんいつ)
隠士(いんし)
隠悪(いんあく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
かくれ住む 隠居・隠遁・隠忍・退隠
おおいかくす 隠語・隠匿・隠微・隠滅
あわれむ 惻隠
おもおもしい 隠然
世間から身を隠す 隠者・市隠・大隠
世間からかくれる 隠密
隠岐の国の略 隠州
なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
阝のある漢字
爪のある漢字
ヨのある漢字
心のある漢字