書き順
なりたち
 形声 音符は因(いん)。「説文」に、「嗌(のど)なり」とあり、「のど」の意味とする。嗌(えき)の益は、くびれた狭いところをあらわし、のどのつまるような声をいう。咽は嗌・噎(えつ・むせぶ)に通じ、「むせぶ」の意味となり、咽び泣きのように用いる。
そのほか
画 数 9画
部 首 くちへん
音読み えち(外)、えん(外)・呉音
えつ(外)、えん(外)・漢音
いん・慣用音
訓読み むせ-ぶ(外)
むせ-る(外)
のど(外)
用例 咽喉(いんこう)
嗚咽(おえつ)
咽塞(えつそく)


なかまのかんじ

人体のある漢字
口のある漢字
囗のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
因のある漢字  因5 恩5