書き順
なりたち
 会意 兔(うさぎ・兎)と辵(しんにょう・辶、辶)とを組み合わせた形。辵は彳(てき・こみち)と止(足あとの形)とを組み合わせた字で、歩いて行く、走る意味がある。兎(うさぎ)が、飛び跳(は)ねながら走ってのがれることから、「のがれる、かくれる、はやい」の意味となる。また、人なみより優れているものをいい。「すぐれる、ぬきんでる」の意味に用い、佚(いつ)と通じて、「たのしむ」の意味にも用いる。
そのほか
画 数 11画
部 首 しんにょう
音読み いち(外)・呉音
いつ・漢音
訓読み のが-れる(外)
それ-る(外)
はや-る(外)
用例 逸機(いっき)
逸気(いっき)
逸言(いつげん)
漢字の意味、意義、熟語

/散逸
意 味 ことば
はしる。にげる逸出・逸走・後逸・逸脱
世に知られない 逸事・逸聞・逸話・逸書
それる。はずれる 逸脱・放逸・淫逸
抜きんでている 逸品・逸足・逸出・逸材
⑤気楽に楽しむ 逸楽・安逸・放逸・逸労
外国語の音訳 独逸(ドイツ)
なかまのかんじ

辶のある漢字
儿のある漢字
免のある漢字  勉3 晩6