書き順
なりたち
 形声 音符は韋(い)。韋は□(い・都市をとりかこむ城壁)の上下を足が左にめぐり、右にめぐる形。そのように左に行き、右に行く形は織物のよこ糸を織る状態に似ているので「よこいと」を緯という。たて糸は経、合わせて経緯といい、ものごとの成り行き、すじみちをいう。
そのほか
画 数 16画
部 首 いとへん
音読み い・呉音
い・漢音
訓読み よこいと(外)
ぬき(外)
用例 赤緯(せきい)
北緯(ほくい)
銀緯(ぎんい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
織物の横糸 経緯
よこ。東西の方向 緯度・黄緯・北緯・南緯
未来記。予言書 緯書・讖緯
なかまのかんじ

小のある漢字
糸のある漢字
口のある漢字
韋のある漢字 衛5