書き順
なりたち
 形声 音符は委(い)。委は禾(いね)を頭に被(かぶ)って舞う女の形である。そのしなやかさは、よわよわしくもあり、草のしぼむ状態に似ている。委に草かんむりのつく萎は、草木のしおれることをいい、すべて生気を失うことをいう。「かれる、なやむ、なえる」のいみとなる。「礼記」に、死期のせまった孔子(紀元前六世紀~前五世紀の人)が、「泰山(たいざん)其(そ)れ頹(くず)れんか、梁木(りょうぼく・柱)其れ壊(やぶ)れんか、哲人其れ萎(や)れんか」と歌ったという話がある。
そのほか
画 数 11画
部 首 くさかんむり
音読み い・呉音
い・漢音
訓読み なえ-る
しぼ-む(外)
しお-れる(外)
用例 萎縮(いしゅく)
萎靡(いび)
萎黄(いこう)


なかまのかんじ

艹のある漢字
禾のある漢字
女のある漢字
委のある漢字  委3