書き順
なりたち
 会意 象と手(又・爪、そう)とを組み合わせた形。象の鼻先に手を加えて、象を使役(しえき)する意味。「なす、もちいる、つくる、しわざ」の意味に用いる。殷(いん)の時代には長江以北にも象が数多く棲息(せいそく)していて、象を使って大きな土木工事をし、宮殿などを作っていたと考えられる。象牙(ぞうげ)の遺品も数多く残されている。
そのほか
画 数 9画
部 首 れっか
音読み い・呉音
い・漢音
訓読み ため、な-す
な-る、す-る
用例 為政(いせい)
行為(こうい)
人為(じんい)


なかまのかんじ

灬のある漢字
為のある漢字